放射能対策 安定ヨウ素剤 高い予防効果!

放射能対策 安定ヨウ素剤 高い予防効果!

 

2017/07   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原発事故など被曝による甲状腺障害の予防に。
被曝が一瞬に生じると仮定として、100mgのヨウ化カリウム剤を飲むことによって被曝を阻止できる 率は下記となります。

 服用が12時間前=90%
 服用が 直前  =97%
 服用が1時間後=85%
 服用が3時間後=50%  

<ヨウ化カリウム参考文献>
イソジンガーグルは「うがい薬」として使用しますが、これは飲み込むものではありません。
そしてヨードチンキですが、飲むと量にもよりますが死にます。
ヨードチキ、希ヨー ドチンキ、中毒症状もかなり怖いものです。
どちらも消毒用に使う「外用薬」ですので、絶対に飲んではいけません。


☆放射能の悪影響を抑える!インドジェネリック医薬品
『安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム) 』

一定線量以上の放射性物質にさらされた直後、またはこれからさらされる危険性が高い場合、「安定ヨウ素剤」を服用し、健康被害を防ぐことがある。
 
原発事故で放出された放射性ヨウ素を体内に取り込むと、甲状腺に集まり、特に子どもで甲状腺がんの発症リスクが高まる。

安定ヨウ素剤は、放射能を持たないヨウ素だ。
服用すれば、先回りして甲状腺の組織と結びつき、放射性ヨウ素が入り込むのをブロックする。

そのため、被曝(ひばく)を低減できる。
予防的に飲むのが最も効果が高い。
放射線にさらされても6時間以内の服用なら効果は大きいとされる。

ただ、24時間以上経過すると既に甲状腺に放射性ヨウ素が集積しているので効果は薄まる。

40歳以上では甲状腺がん発症のリスクが低いため、服用は40歳未満が対象だ。

甲状腺機能異常症を患う人やヨウ素、あるいはヨウ素を含有する造影剤にアレルギーのある人には使わない。

胎児や新生児などに対しては、幼ければ幼いほど発がんの危険性が高まるため、優先的な投与が求められている。

日本産科婦人科学会は15日、「計50ミリシーベルト以上被曝した妊婦や、授乳中の女性」については、甲状腺がん予防のため、50ミリ・グラムの安定ヨウ素剤2錠を1回服用することを勧める見解を公表した。

ただ服用した妊婦の胎児や授乳中の女性の子どもは、甲状腺機能異常が懸念されるため、投与後は検査が必要とした。

このほか、同じく放射性物質のセシウムについても、体外に排出させる薬がある。


安定ヨウ素剤など、いずれの薬剤も薬局では売っていない。
医療機関でも必要と判断した場合に限り処方される。


詳しい情報は ↓↓↓ クリックで!

安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム)50mg20錠(国際郵便書留速達発送)【アイドラッグストアー】

※ 川や池の濁り水を飲料水にするには リスティング でストロー浄水器を検索
※放射能の悪影響を抑える!安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム)50mg20錠
参考:人間も! ペットも!! 体内被曝(内部被曝)の対策にはプレミアムゼオライト

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shihukunotokidoki.blog67.fc2.com/tb.php/647-4b50a47d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。