転居先を知られないよう住所閲覧を拒否する特例措置

転居先を知られないよう住所閲覧を拒否する特例措置

 

2017/10   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


近親相姦になるのか・・・

義父から性的虐待、住所知られないよう特例措置

 義父から性的虐待を受け、中国地方から大阪府内の自治体に転居した20歳代の女性について、自治体が、義父らに転居先を知られないよう住所閲覧を拒否する特例措置を取っていたことがわかった。

 「女性に対する家庭内暴力(DV)」やストーカー被害の認定がある場合など、国は、公的な被害証明を条件に自治体の閲覧拒否を認めている。

 しかし、家庭内の性的虐待は被害を届けにくく、被害証明がなく認めた今回の措置は極めて異例。

 今後、性的虐待に苦しむ女性救済に向け制度改善が急がれる。

 女性を支援する犯罪被害者団体などによると、幼い頃から性的虐待を受けていた女性は昨年12月、家族には知らせず、交際する男性と大阪府内に転居。

 妊娠して、今年3月、母子手帳が必要になった。

 しかし、義父が居場所を捜していたため、女性は住民登録の際、「住所を知られないようにしてほしい」と求めた。

 詳しくはこちらから

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shihukunotokidoki.blog67.fc2.com/tb.php/575-32b64e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。