お肌の弾力取り戻せる?たんぱく質の働き解明

お肌の弾力取り戻せる?たんぱく質の働き解明

 

2017/06   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 皮膚や動脈などのしなやかさを作るのに欠かせないたんぱく質の働きを、関西医大の中邨(なかむら)智之教授、京都大医学研究科の堀口真仁(まさひと)助教らが解明した。皮膚の弾力を取り戻す薬、動脈硬化を治療する薬など、老化防止や美容に役立つ技術開発につながる可能性があるという。米科学アカデミー紀要電子版に発表された。


 研究チームは、動脈などにある「ファイブリン4」というたんぱく質が、組織を伸び縮みさせる「弾性線維」を作るのに必要なことを確認。遺伝子操作でファイブリン4が通常の8%しかできないマウスを作ったところ、大動脈瘤(りゅう)ができ、動脈の伸縮性も悪かった。

 詳しく調べると、ファイブリン4は、弾性線維の材料となる別のたんぱく質同士の結合に必要な酵素に働きかけ、正常な弾性線維を作るのを助けていた。

2009年11月4日05時46分 読売新聞

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shihukunotokidoki.blog67.fc2.com/tb.php/445-fc7bd15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。