美健の情報局

美健の情報局

 

2017/05   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


化粧水は柔軟化粧水と収れん化粧水に分けられます。
よく聞かれるのは「両方使わなければいけないの?」ということ。
簡単に言えば、答えは「NO」です。

そもそも化粧水とは、洗顔では落ちない成分を取り除くために使うもの。
洗顔すると石けんのアルカリ性成分などが残っていて、肌の表面が弱アルカリ性~中性になります。
スキンソフナーなどの柔軟化粧水はこれらの成分を取り除いて弱酸性に戻し、肌を柔らかくするはたらきがあります。

一方、スキントナーやアストリンゼンローションなどの収れん化粧水は、肌を弱酸性に整えるのに加え、皮脂を溶かして消毒し、毛穴と皮膚を引き締めるはたらきをします。

つまり、柔軟化粧水は水分を補給して肌をソフトにするもの、収れん化粧水は水分を補給し、毛穴を引き締めるものです。

したがって、どちらか片方を使えばOK。

ただし、自分の肌のタイプに合ったものを選びましょう。
一般に、柔軟化粧水は乾燥肌に、収れん化粧水は、脂性肌やニキビ肌に適しています。
Tゾーンだけがテカっているような混合肌の場合は、両方を使い分けたほうがよいでしょう。

つまり、Tゾーンには収れん化粧水、他の部位には柔軟化粧水を塗るわけです。


続きを読む

スポンサーサイト

タグ : 化粧水 柔軟化粧水 収れん化粧水 洗顔 石けん スキンソフナー アストリンゼンローション 弱酸性 Tゾーン 毛穴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。